忍者ブログ
えすぐらにっきえすぐらにっき
董卓様が好きだ家康様が好きだ 家光様が好きだ 変わった人が好きだ。
[78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69]  [68
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



「御供します」


■紅―――


「え?」
「城外に出るのでしょう?家光様」

三厳が言う。
家光はきょとんとした顔に、頭にはてながひとつ浮かんでいた。
だが、次に感心して彼は声を上げるのだった。

「よく分かったな」
「分かりますよ、なんですかその格好」

女物の着物に結わえ髪で化粧もばっちりだ。
いつも見ている姿とは明らかに違う。
赤い紅が白い肌にはよく似合った。
前よりも確実に化粧が上手くなって、前よりも確実に艶めかしい姿で。

「上手く化けたと思わないか?」

ただ、ひとつ歩き方を女のようにしずしずと歩けば完璧だった。
家光は大股で此方に駆け寄る。
裾の切れた端から見える太股に三厳は、思わず頬を染めて目をそらした。

「ええ」

それを見て、家光は三厳の首に腕を回す。
面白い程に三厳は顔を赤くした。
家光には、これが堪らないらしい。

「どうせ女の姿だからいいんだろ?」
「え!いや、そういうわけでは!!」
「嘘だって」

徐々に近付く顔に、思わず三厳は目を瞑る。
唇が触れ合って、ぎゅと拳を作る。
がちがちに固まった体を、背を家光は撫でて離す。
三厳が目を開ければ、若殿の満面の笑み。

「じゃ、行くか。十兵衛」

何も変わらず家光が歩を進める。
少し経って、ようやく三厳が後を追い掛ける。
一度、止まって口元を拭うと手の甲に赤い口紅が付いた。


(あなたは、ひどい)


それを愛しく想い、彼にもう一度口付けて。




十家フィーバーしとる。
乙女な攻めに弱いな。

ぶろぐあぷすまそん!!!
PR
この記事にコメントする
お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/23 ガリ]
[05/21 シャリ]
[05/17 シャリ]
最新TB
プロフィール
HN:
ガリ
年齢:
29
HP:
性別:
女性
誕生日:
1989/05/08
職業:
学生
趣味:
煙草、酒、女、デブ、オヤジ、髭
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © えすぐらにっき All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]