忍者ブログ
えすぐらにっきえすぐらにっき
董卓様が好きだ家康様が好きだ 家光様が好きだ 変わった人が好きだ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


うーん・・・描いたよ、描いたけど。

a7b349e9.jpeg13cac609.jpg











orz 

家光だとはいえん。(小声)
同じ顔?おなじKAO!!!
同一人物。

てかシャリさんはあはあ・・・今日はありがとござます!(爆)
榊原さん好きですわーかあいいですわーうふう・・・


▼※あの服

家光「おじいさまの為ならめいどもごすろりも着るのだよ!!どうだ、皆僕は綺麗か!!」(扇子びらぁ)
利勝「流石ですなぁ、若殿はー、おぉびらびらしてるぞ!酒井殿!」
忠勝「・・・・・・・・・・・・・はぁ・・・(誰も望んでないのに)」
忠俊「若あぁあああああ!!!」
利勝「おや、これは青山殿。久しゅうございますなあ」
家光「ぎゃあああぁ、来たぁあ!!・・・ッッぐえ」
忠俊「来たではありません、何ですかこのみみみみだらな格好はぁ!殿方たるものこのような女着をしてはいけないとあれほど・・・」(くどくど)
友矩「綺麗です、家光様・・・」(ほうっ)
家光「おぉお・・・そうだろう、そうだろう友矩!フフ・・どうだ、こんな僕に抱かれてみたくはあるまいか・・・?」(にっこり)
友矩「・・・・そ、そんなっ、皆の目の前で・・は、恥ずかしいです・・・む、寧ろ、その・・あの、こ、この友矩めが家光様をだなんて、なんて・・・っ」(かあぁ)
忠俊「・・・・・・・・・・・・若君殿・・・」(ゴゴゴゴ)
家光「うぁっ!はははいっ、今すぐ脱ぎます、脱がせていただきますぅ!!よし、忠勝来い」(ビッシィ)
忠勝「・・・・・・・・なぜ、わたしが」(睨)
家光「問答無用!ほら、いくぞ!」(ぴゅーっ)

忠俊「何であの方はあのような格好ばかりを好んで着られる・・・心配だ、将来が心配だ・・」(はー)
利勝「そんなに不安がっては後が持ちませんぞ、青山殿」(はっはっは)
友矩「あ、あのでも・・・やっぱり下とか上とかそういうものでなくて・・ですね、・・・」(まだやってる)


▼※ただみつでつづく

「若」
「んー、何だ」
「何故いつも下のお召し物は着なさらないのですか」
「ああ、褌?締め付けられるのが嫌だからな、…ってのはお前も知っている筈だが?」
「・・・・・・・先程駆ける時に・・・・偶然捲れまして」
「ん、そうか見えたか」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・」

「で?」

「で、ではありません」
「馬っ鹿だな、忠勝は。下からそんなの見えたら萎えるに決まってるだろ!」
「・・・・・・・・・・・・・(下から男のイチモツが丸々見えるのもどうかと思うんだが)」
「それに画期的だ!!ヤる時はすぐに入れられる」(べらっとスカート捲り)
「・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・」

「次の瞬間、忠勝の目の前には臍の上まで衣服を捲り上げる淫乱で卑猥な若い美少年の肌が映し出されていた。「ぁ、た、忠勝早く来てっ・・・」彼の鼓動は高鳴り、また下半身には熱を帯びていく。「若・・っ!」獣のように襲い掛かる忠勝に少年は成す術も無く犯されるのだった・・・・・・鬼・酒井の強姦及び猥褻行為(完)」(棒読み)

「しませんよ。・・・・・一人で言ってて虚しくないですか?(・・・猥褻って・・・・偶然とはいえ、覗きのことか・・?)」
「あー、はいはい!ちぇっ、反応つまんねぇの・・・、他の奴にしてこよっかな」
「入ったばかりの小姓にしないであげて下さいよ、・・・最悪泣きますから」

「で、どうだ。試しに入れてみるか?」(にやり)
「入れません」
「まぁたまた!入れていいからさー」
「入れません」
「入れろってなあ」
「入れません」

・・・・・・数時間後

「あれあれ入れるんじゃなかったのかなー、酒井サンったら?」(背中にべったりしながらにやにや)
「・・・・・・・・・・・・(あー・・・・・くそ・・・っ・・・・・)」(布団の中で狸寝入り)
「欲情しちゃうお前も好きだよ、僕は」(くっくっ)


またペースに飲み込まれているっ


しゃりさん今度やろうね!(何を)
PR



「余は生まれながらの将軍である」


家光様の小説を立て続けに3本買ってただいま読書中です。
小説といえば主は戦国終わり~江戸ばかりを読み漁っておりますが、たまには戦国物も読んでみたいもの。
でも、やっぱ江戸小説は面白いものですね。
というか家光様盲目過ぎちゃう。本当面白いですこの人。
S倉やさた倉の方もそろそろ検索避け(?)をした方がいいのでは。
というわけで今日は小説紹介。

・・・・一冊目・・・・

家康さん→
最初の方が三成さんが家康の屋敷へ訪問する(加藤、福島から逃げ延びてきた)というお話。
これをどうするか、と忠勝に聞いたところ冷静として「追い出すかここで討ち果たす」という言葉。
ちなみに忠勝に、「平八郎、三成めが転げこんできおったぞ」と微笑みを見せる家康様が可愛い。
ああ、自分の中にいる家康様そのものだ!と思ってしまった(笑)
忠勝さんも熱いところ何かが読んでて分かる。本多さんらしい。
次に正信さんにそのことを聞くと「歓迎するべき」と策を乗っけて話す。
左近や、三成、伊達や半蔵が出ていたりする。
家康、秀忠、家光よりもその周りの人々のことが書かれている感じ。

秀忠さん→
う、むあまり読んでないのです(爆)

家光さん→
幼少の時から最後まで書かれています。
幼少部分が多く書かれてて家光ファンにはこれはおいしい(笑)
・あまり泣かないと有名(?)の家光さんが泣くシーンがある
・竹千代さんの性格がうまく書かれていて切な可愛い(何語)
・父と母の嫌われぶりの書き方がうまい
・有名かな家光さんの歌舞(今まで読んだ小説で2、3はそっくり同じの出てる)

ううん、女の着物を着て、化粧をして鏡で後ろ髪セットする家光さんが可愛い。
というか完璧過ぎる。さすが若将軍、金はありますな。
そこを散々怒られて合わせ鏡を割られてしまう家光さんが可愛い。
唇強く噛んで怒って(泣いて?)る家光さん可愛い。

きっとあとで、忠勝にこんなこと言ってる。↓

「ん、・・・うん、・・・よっ・・・これは、なかなか」(鏡チラチラ見ながら)
「・・・若、そのようなものは女子がするものでございますぞ」(こっそり)
「ああ、忠勝。ど、どうだ、似合うかっ?」(他の者に見つからないよう小声)
「・・・・・・・・着崩れております」(着物に手をかけ手馴れたように直し)
「へへっ。そそそう?あ、ありがとっ・・化粧は?」
「・・・・・・・・・・・・お可愛らしい・・・ですが、・・他の者に見られればまた怒られてしまいますよ」
「・・・・・・・・・っお前の前だけじゃ、駄目か・・・?」(上目遣い)
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・」
「・・・・・・・・・・・・・、今日だけ、ですぞ」(若抱きかかえ寝所にごー)
「やったー!!忠勝大好きーーVv」(すりすりすり)
「静かになさってくださいな・・・」

よっぽど女装好きなんでしょうか。
何故だか家光さん女装の話ばかり出ます。

そいでもってもうひとつ、ふたつ。
何故か家光のとこで、「信長が信用を置いたのは家康ただひとり」とかいうお言葉を発見。
史実では信長×秀吉が好きな自分は「HIDEYOSHIは!!?」と突っ込みましたがまあそれもよかよか。
某所様の信家に最近萌えが、はあはあ・・・・。

家光さんは信長さんの血筋を引っ張ったようで外見が信長似というところに萌えました。
信長の家系は美形・・・となるといい顔だ、家光!!
他の小説でやたらめったら自分の外見を気にする家光さんがかわいいです。
きっとお肉ぷにぷになりたかったんだろうなあ。

sssページは家光さんの話ばかりでごめんなさい。
好きなんです。忍者×家光。あと忠勝×家光。

(´・ω・`)ああもう好きなんです、若様。





▼久々に前サイトを見て。

遠呂智「前のサイトはノリが素晴らしかったようだ・・・」(しみじみ茶ずずー)
董卓「それは単にキャラ(20歳だの22歳だの)感の問題では」(どきっぱり)

単にギャグ漫画だったってのもあるけど。
どうにもこうにも再熱しそう。(爆)
いやーかわいいんですけど・・・すわばらくん・・・(笑)

思うけどこの二人結構仲いいといいよね。(↓)
というかそれなりに可愛くて今自分でヒット中なんだわ。
ものすっごくえっらく。遠呂智さまがかわいくて。

遠呂智「そのうち王道CPに発展するな」(手を取りうきうき)
董卓「現代とこの(OROCHI)世界が融合したとてないから安心しろ。気色悪い」(べし)
遠呂智「照れるな、董卓」(てれてれ)
董卓「別に照れとらん」(真顔)


▼それ(ノリ)を踏まえて。

遠呂智「この抱き心地が良い」(置鮎ボイス/右からぐいっ)
呂布「髭がたまらん」(稲田ボイス/左からぎゅっ)
董卓「うっさい」(武器でさっくり)

これだよ、これ!これがなかったんだよ!!
ううん、なんていうかなあ大好きだギャグ(親指グッ)
のわりにはエロ多かったんだよなあ
もっかい書いてみようかなあ(今のところ一番小説多いし)

▼拍手レス返しました、見てくださいましー遅れてすみませぬ(´・ω・`)

d13f8e4d.png









一日ぐれぇのカキコで・・うるせぇよ・・・まあ日記書いたから褒美はくれてやってもいいがな、レヴィ(シャリ)

とまあ久しぶりのザンザスでこんにちは。
ガリです。
大戦しにいこーとか思ったら突然の雨、嵐、なんじゃこりゃな状態なんですが。





たとえば嵐が苦手なとうたく様▼

ピカーゴロゴロガッシャーーン!!
(って聞こえたの。まじでこわいんですけど!!)

董卓「Σぎゃーーーー!!」
呂布「Σぬあああぁぁーー!!」(←声に驚いた)
董卓「っううう!!耳元で叫ぶな、うっさいわ、呂布ーー!!」(ガッ)
呂布「なっ!!(明らかダディが先に叫んだのに!!)」

ガンガラガッシャーン ザーー

董卓「のわあああああ!!!」(ぎゅうううぅぅぅ)
遠呂智「・・・・む?・・・と、董卓・・・っ!!??・・・・・・////」(そっと抱き返し)
董卓「どさくさにまぎれて抱きつくな、気色悪い!!」(ゲシッーー)
遠呂智「ぐっ、な、い、いやお前が・・・・・・・」(ぱくぱく)

・・・・・・・・

李儒「・・・・・で、いつまでこのままなんですか?」(じー)
董卓「離すなよ、離すなよ、離すんじゃないぞ!?李儒、分かったな!!!離したら殺すからなっ!」(がっちり手握りぶるぶる)
李儒「・・・・・・(嵐の日に攻城されたら終わりですね)」(背中なでなで)
董卓「う゛-・・・・・」(ぐすぐす)

泣きそうなくらい怖いです。(じぶん雷苦手なので)

そのうちへそが奪われないか心配になるダディ→李儒に相談→「そうですなあ、董卓様は肉つきがいいですから標的にされそうですねえ」→不安になるダディ→「でも大丈夫ですよ、私と共に寝れば±0ですから」→成程、とダディ寝所へ→二人でおねんね
というわけで最終的に李儒でした。(痩せてるというよりだいぶやつれてる方がいい。董卓の肉半分あげればいい)
なんか李儒の話って当たってなくても「そうなのか、李儒は頭がいいな!」と全てを聞き入れる董卓様。
きっと三国一頭がいい軍師だと思い込んでる。(のわりにオロチではあんまり出てこないね)

〔というか、へそがとられるとられないの話って日本だけだよね/爆〕


今日は家で大人しくしまつ。

私信→シャリさん よんななです。みてくたださい、早くね★レヴィの唇が好きとかそういうのはないのか!?(笑)俺はレヴィの性格がだいすきDA★☆★

カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[05/23 ガリ]
[05/21 シャリ]
[05/17 シャリ]
最新TB
プロフィール
HN:
ガリ
年齢:
30
HP:
性別:
女性
誕生日:
1989/05/08
職業:
学生
趣味:
煙草、酒、女、デブ、オヤジ、髭
バーコード
ブログ内検索
Powerd by NINJAブログ / Designed by SUSH
Copyright © えすぐらにっき All Rights Reserved.
忍者ブログ [PR]